グローバルな課題である「子どもの孤立」と向き合う児童精神科医の挑戦

児童精神科医の小澤いぶきさんが代表理事を務める認定NPO法人PIECES(ピーシーズ)では「子どもの孤立」を防ぐために、地域の団体や行政などと連携し、さまざまな活動を行い、今では、そのつながりを海外にも広げています。PIECESの活動にかける想いとは――? 現状の課題や取り組み、さらには今後の展望についても伺いました。

詳しい記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA