医師10年目というキャリアで病院経営にも関わるマネジメントフェロー

自治医科大学を卒業後、離島診療所などで研さんを積んでいた島袋彰先生。声をかけてもらったことをきっかけに、沖縄県立宮古病院での総合診療科の立ち上げに関わり、さまざまなプロジェクトに取り組んできました。しかし危機感を感じ、新たにマネジメントを学ぶべく、関東労災病院の医療マネジメントフェローに就きました。診療だけでなく、病院経営にも携わるなど視座の高い仕事を通して見出された目標とは――。

詳しい記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA