MBAで学んだノウハウなどを活かし、地域に根ざした救急の理想の形を追求する

腫瘍内科医を目指すも、基本的な診療ができないと患者さんの力になれない現実に直面。そして福井大学の寺澤秀一先生との出会いによって救急科医になった安藤裕貴先生。いくつかの病院で現場を経験しながら、さらに救急に活かせるマネジメントノウハウを身に付けるためにMBAを取得しました。そして、MBAでの学びを契機に、一宮西病院 総合救急部救急科に着任、自分が目指す地域に根ざした救急医療づくりに取り組んでいます。どのような想いを胸に、どのような仕組みを作り上げてきたのか、伺いました。

詳しい記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA