教育を通して、挑戦する医師のネットワークをつくる

祖父の代から続く病院を継ぐために、幅広い診療科に携われる順天堂大学医学部附属練馬病院 救急・集中治療科を選んだ坂本壮先生。経験を重ねるにしたがって、研修医への教育の重要性を実感。いつしか大学病院外の研修医・指導医にまで輪を広げた勉強会を開催するまでになりました。そして今年4月に創刊する医療雑誌「J-COSMO」の編集主幹も担当。坂本先生のこれからと、さまざまな活動に込めた想いを伺いました。

詳しい記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA