未来の患者に薬を届けたい、千葉県の未来の医療に貢献したい

臨床研究者として、2つの希少疾患の新規治療の臨床開発を行ってきた三澤園子先生。それと並行しながら、臨床医として患者とも向き合ってきました。さらに、2児の母として育児と両立しながらキャリアを築き、その経験を活かし、女性医師や若手医師などのサポートや勉強会を開催しています。研究者、臨床医、メンターなど――さまざまな役割をどのような想いを持って、取り組んでいるのかお伺いしました。

詳細記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA