臨床研究×情報発信で医療の変革を目指す外科医

中山祐次郎先生は現役の外科医でありながら、京都大学大学院で公衆衛生を学びつつ臨床研究などに取り組み、さまざまなメディアの記事の執筆も手がけています。最近では他の医師も集め、発信する医師団として新たな挑戦も始めています。現状の医療にどのような課題を感じて、取り組んでいるのか。これまでのキャリアや、そして今後の展望も含めて伺いました。

詳しい記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA