2つの事業で医療を身近に

オンライン医療サービス「curon《クロン》」の開発や、AIを使って医療データを解析・活用する「データソリューション事業」を行う株式会社MICIN(マイシン)を立ち上げた原聖吾先生。国立国際医療研究センターでの初期臨床研修の後、当時の黒川清内閣特別顧問の秘書を経てMBAを取得し、コンサルティングファームでヘルスケア分野に携わってきました。異色の経歴を持つ原先生が医療に対し感じている課題や、起業にかける思い、そしてその可能性などを伺いました。

詳しい記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA